・物選びの基準。

d0245268_13595424.jpg

30代に入ってから。
マイホーム購入ラッシュがきつつあります。

そんな中、友人達からインテリアや収納の事で相談を頂く機会が増え。

こんな私でいいのかと、いつも恐縮してます。。

d0245268_149349.jpg

ある友人からは「自分なりの、物選びの方程式を教えて欲しい」と。

そう言われてみれば「物選びの基準。」

深く考えてみた事がなかったなぁ。

改めて、思考整理をしていくうちに。自身の傾向が見えてきた気がします。

d0245268_14134370.jpg

・目標となるモデルを見つける。

まずは「自分の好みを知る事」が1番大事な気がしていて。

思えば、インテリアの好みや、物選びにブレがなくなりつつあるのも。

「コレだ!」と思える憧れのSHOPや、理想のブログに出会えてたお陰。

以降、何かを選ぶ時には必ず。

「あのお店やあの御宅に似合うか」を考え。

不思議と、テイストが合わない物は選ばないようになりました。

d0245268_14365755.jpg

・とびきりのお気に入りを迎える。

私にとってはルイスポールセンの照明。
これがスタートでした。





「これなら一生飽きる事なく、何があっても手放さない」と思えるもの。

結婚当初「新生活と共に家具を全て揃えるべき」と、慎重に選んだとはいえ。
今程吟味せず選んだ家具たち。

d0245268_14401858.jpg

あの時に、目標モデルに出会えてたら。
どれだけ家具選びも変わってただろう。

一気に揃えなくとも、まずは1つとびきりお気に入りを。

そうする事で、「良さを邪魔しないか」と考えるようになり。

お気に入りが1つあるだけで。

後の物選びも足並みを揃えていくような気がするのです。

d0245268_14414559.jpg

・ 一目惚れよりも、調和を重視する。

この考えを元に選んだのが、ダイニングチェアとキリムのクッション。

実は元々はウェグナーのダイニングチェアが1番好みでした。





けれど、今後目指したい方向性と。
既存の家具との調和を考えるうちに、J.L.MOLLERに傾き。

「どれ1つも浮かない、調和のとれたインテリア」が好みなんだと気付く事に。

d0245268_145007.jpg

優柔不断で「あれもいいな~」と正直ブレる時もありまして><

それでも、自分なりに考えながら。
無駄のない、丁寧な物選びを心がけ。

軸を作っていけたらと思っています。




更新のない間も沢山の応援、ありがとうございましたm(_)m
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
[PR]