タグ:北欧家具・照明 ( 15 ) タグの人気記事

d0245268_14514018.jpg

子供椅子が2脚並ぶダイニング。
購入して数か月、すっかり見慣れた光景となりました。

ダークカラー中心のダイニングまわりで、当初は一際白さが目立っていましたが
日に日に馴染んできたように思います。

食事中じっと座っていられなかった長男。
2歳頃にこの椅子を用意してから食事姿勢が著しく変化したので、
次男には離乳食開始の早い時期からと心に決めていました。

d0245268_1502574.jpg

STOKKE・TRIPP TRAPP。
選んだカラーはナチュラル。





1脚目のチェリーをとても気に入っており、
今回も迷わず同じものにするつもりだったのですが、まさかの廃盤( ;∀;)
その事実を知った時はショックすぎて凹みました...涙。

鮮やかなカラー展開が魅力のシリーズですが
色物の選択肢が自分の中にはなかったので、今回もシンプルなものを選びました。

d0245268_1520580.jpg

ベビーガードも同じ色で統一しました。
ガード部分はプラ製なので、食べこぼしもさっと拭けてお手入れしやすいです。





最初はお座りが多少グラグラする時期だったので、タオルを挟んで安定を保ちつつ
9ケ月になった今はすっかり貫禄のある座りっぷりにまで成長しました。

d0245268_15301484.jpg

何度かカラーに関するご質問を頂いたので
2脚を比較してみたいと思います。

チェリーはやや赤みがあるのに対し
ナチュラルは我が家にある白木の家具(バーチ材)と並べても違和感のない色味です。
購入当初はもっと白かったのですが
4ケ月程たち、少しずつしっとり落ち着いた色に変化してきました。

2脚とも同じくラッカー仕上げなのですが、
チェリーの方がややツヤっぽく、ナチュラルはマットな印象を受けました。

d0245268_15522274.jpg

家具の中でも特に好きな椅子。
息子たちにもその魅力が伝わると嬉しい。

毎年子供の誕生日を祝う食卓で、ケーキと共に椅子に座る写真をおさめています。
こうして思い出の1枚に必ず登場していると思うと、より大切にしたいものですね。


+ + + + + + + +




6/19発売予定の「みんなの家しごと日記」
という書籍で当ブログをご紹介いただけることになりました。

既に予約販売開始しています。
発売になりましたらまた詳細ご紹介できればと思います!




更新のない間も沢山の応援ありがとうございましたm(_)m
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_1345052.jpg

大切な北欧の家具。
チーク・チェリー・バーチで作られた椅子やテーブル。

我が家にお迎えしてから数年経ち、
色味も少しずつ濃く深みを増してきました。

木の種類が違う分、元々の色味も経年変化具合も違うはずなのに
そのどれもが個性を否定しあうことなく共存するあたり、
時代を超え長く愛されている家具はさすがだなーと感じます。

d0245268_13584815.jpg

ダークな色合いが多い中で、当初は際立って白く見えたartek。

脚の色は座面の白と明らかに違いがわかるくらいまでに。
真っ新な家具は清々しくて気持ちがいいけれど、年を重ねたものもまた愛おしい。

転勤族の我が家にとって、その時時の家で佇む椅子たちを眺めては昔の家を懐かしむ、
そんな思い出深い存在でもあります。

d0245268_1494770.jpg

奥は子供部屋で使用しているテーブル。
手前はリビングサイドテーブルとして、来客時には補助椅子としても活躍中のスツール。





特にこのスツールは本当に便利。
ソファでミルクをあげる際には哺乳瓶を置いたり、寛ぐ時間の本やカップ置きにも。
軽くて片手で持ち上げられるので、家中を行ったり来たりしています。

全て時間をかけて選んだだけあって、年々愛着が増しています。
今後はダイニングチェアの座面を張り替えたりしながら、少しずつ変化を楽しめたらと思います。


+ + + + + + + +

d0245268_14463692.jpg

1月から子供たちの病気ラッシュ><

長男の胃腸風邪&長引くひどい咳にはじまり
今度は次男がノロウィルス&これまたひどい咳風邪に。。
友人との予定が沢山入っていたのに、ほぼキャンセルになりました(:_;)

疲れがたまった時は、ハーブティーに癒されています。
Janatのフルーツティーとメスマーのカモミール、ローズヒップティーがお気に入り。



 


母まで共倒れしては大変なので、
体調管理には気をつけないとですね。




更新のない間も沢山の応援ありがとうございましたm(_)m
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_132723100.jpg

半年ぶりに灯された和室照明。

先代が壊れてからずっと探していたのですが
大好きな照明だからこそ悩みに悩み。。

いつかは絶対に欲しいと思っていた憧れの照明を選びました。

d0245268_13353862.jpg

PANDUL
Tip Top pendant.

ヨルゲン・ガメルゴーDesignのクラシックでモダンな照明。

デンマークPANDUL社は他にもウェグナーの「THE PENDANT」など数多くの
素晴らしい照明をコレクションしています。





シャープなアルミのシェード。
一切無駄のないフォルムがとっても好みで。
やっぱりかっこいいデザインが好きなようです。

d0245268_1413480.jpg

当初は和室の子供部屋には冷たすぎる印象かな~と悩みましたが、いざ設置してみると
それを感じさせず。さすがは素晴らしいデザインだと感動しました。

ヘッドとシェードの間にスリットがあり、そこから洩れる光が何とも美しい。

d0245268_1412724.jpg

机と椅子、照明。
理想のアイテムが揃い、少しずつ整いつつあるキッズスペース。

でもまだまだ。
ファブリックパネルをモダンなアートに変えたいだとか理想を追求中。
欲をいえば1番はしょぼいカラーボックスをサイドボードに変えたいです^^;

出産後しばらくはBabyスペースとの共存も課題になるので
みんなが快適に過ごせる空間づくり、頑張りたいと思います!


最終候補で悩んだもの。
  





いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_1475871.jpg

念願のkidsチェアをお迎えしました。

家具の中でも特に好きな椅子。
お絵かきしたり毎日座るものだから、子供用とはいえかなり吟味しました。

d0245268_14221171.jpg

Werner shoemaker chair No.27。





長く愛され続けているシューメーカー。
やっぱりデンマークの椅子が好きで。

人間工学に基づいたすわり心地の良い座面と、簡単に倒れることなく地面にしっかりと立つ3本脚。

そして何より美しい曲線ラインと後ろ姿。
こんなにも小さいのに大きな存在感を放ちついうっとりしてしまう。

d0245268_14444894.jpg

和室Kidsスペースへ。
シンプルだけど温かみがあって、子供らしさも忘れない空間づくりが理想です。

豊富なカラーでかなり悩みましたが、kids卒業後は玄関で使用することを考え
飽きがこないモダンな黒を選びました。

黒の椅子を買うのは何気に初めてでドキドキ..意外にしっくり馴染んでいる気がします。

d0245268_1582151.jpg

無垢ブナ材のシューメーカーチェアと、バーチ材のartekテーブル。





大好きなお店のオーナーから「白木×黒はscandinavianらしくていいと思うよ」
とアドバイスを頂いたとおりとっても好きな雰囲気です^^

d0245268_15263318.jpg

相変わらず「THE和室感」は払拭できていませんが、少しは好みに近づいたかな。

そして息子が喜んで座り遊ぶ姿を見られるのが1番嬉しいです^^

誕生日がクリスマスと近いこともあって
プレゼントは必要な時に必要な物をという考え。だからこれが私たちからの贈り物。

我が家にまた1つ大切な物が増えました♪





いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_1343672.jpg

kidsスペースにartekのテーブル。

成長に伴って遊びの幅が広がり、必要性を感じるようになった子供用机。
家具が大好きなので、息子にもいいものに触れさせてあげたい。

たくさんの傷跡も深みとなり。
家族と共にあゆめる一生物のテーブルを。

そんな思いで選びました。

d0245268_15251558.jpg

artek90cテーブル・ナチュラル。

Aaltoの生み出すデザイン、何て美しい曲線なんだろう。
バーチのなめらかな木目と、丁寧に仕上げられた天板。
あまりに触り心地がいいのでついスリスリしてしまうほど。

d0245268_15263897.jpg

どれにしようか数ヶ月頭を悩ませていた中
ACTUSのびっくりセール品に出会い。

天板サイズは◎なのだけど、子供専用でないので高さが合わない...。

どうしても結論が出ず、いつもお世話になっている家具屋の店主さんに相談したところ
「脚を切ったらどう?」とアドバイスをもらいました。以前納品実例があったそうで。

まさかそんな発想も勇気もなかった私。
背中を押され、以来artek以外目に入らなくなりました。

d0245268_14202032.jpg

シーンに応じてリビングでも使えるよう44cmの高さに。

日中は息子の遊び用として。
LUNCHの時だけリビングに移動してここで食べたりします。
手軽に持ち運べる軽さです♪

d0245268_15332777.jpg

44cmだと椅子が必要な高さなのですが
まだ届いていないので、なんだか画的にバランスが悪いかなー。

机の重みで畳の凹みなどを心配していましたが、今のところ全く問題なく。

悩みすぎてる和室の照明候補もだいぶ絞れてはきたので、ライトがつけば
まとまりが出るだろうと期待してマス。

d0245268_15392926.jpg

色んな場所で、色んなシーンで沢山使えることが何より嬉しい。

家具というのはデザインを楽しみつつ、使ってこそ輝きを増す道具なのだと
尊敬する店主さんから教えてもらいました。


こちらも大活躍。



入園祝いの意味も込めて。
息子に初めて贈るテーブル、本当にこちらを選んで良かったです。

椅子が届いたら又是非ご紹介しますね。




更新のない間も沢山の応援ありがとうございました。m(_)m
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_1654751.jpg

Artek Stool60。

究極にシンプルでありながら、抜群の存在感と美しさ。絶妙な脚のカーブと安定感。
Artekでなきゃいけない理由。手にして改めて実感できた気がします。





1番欲しかったリノリウム別注モデルが発売されると知ってから。
サイドテーブルとしてお迎えしようと心に決めていました。

d0245268_16172291.jpg

18色もの素敵なカラー。
そんな中選んだのは、グレー系ホワイトのマッシュルーム。

実は元々Stool60のホワイトを検討していて。ラミネート独特のツヤ感だけがどうしても気になり。
リノリウムのホワイト系があればな~と思っていたのです。





そんな時に知った別注モデルの発売。

当初はホワイト系と決めていたけれど、あまりに素敵なカラーでかなり悩み..
ブルーやグリーン系もいいかなぁとか。

最終はやっぱり基本色が好きらしく、グレー系3色の中から選びました。

d0245268_16331767.jpg

限りなくホワイトに近いグレーな感じ。
イメージ通りで、ものすごーく好み!やっぱりこれにして良かった♪

マットな質感のリノリウム好きだな~☆

d0245268_16435515.jpg

昼間は自然光でほぼ白に見えますが、近くで見るとちゃんとグレーも感じられます。

夜に白熱電球の灯りの中で見ると、もっと落ち着いた色合いに。
場所や時間、角度によって見え方に変化があるトコロも魅力的^^


d0245268_173207.jpg

スツールとして見ていた頃は、実はあまりピンときていなかったArtek。

それがサイドテーブルとして見た時に初めて「コレかも」と思い。
家具をあまり増やしたくない転勤族にとって「小回りがきく」というのが1番有難い。

あ!フォークの向きが..イタズラされている><

キッチンや洗面所に玄関。
軽くてどんな場所でも使える万能なStoolはとっても重宝しそうです。


長期連休予定ギッシリの中、束の間の休息^^
みなさまも素敵な休日をお過ごし下さい♪





更新のない間も沢山の応援ありがとうございましたm(_)m
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_23142342.jpg

我が家にとって中心的存在のダイニング。

毎日家族で食事を頂く大切な場所であり。
ゲストを招いた時の、おもてなしの場。

ここを中心とした空間をつくりたいとの思いで、少しずつ揃えていた椅子たち。
木の美しさが存分に楽しめる北欧の家具が大好きです。特に惹かれるのがデンマーク^^

先日やっと4脚目を追加しました。

d0245268_2315575.jpg

迷いに迷い、結局J.L.Moller 78で統一する事にしました。

他にもHans.J.Wegnerを始めとした気になる椅子がいくつかあり。
4脚バラバラにするか、2×2で揃えるべきか方向性を悩んでいたのです。






いずれ子供椅子は食卓を卒業する日がやってくるのだし。
スツールはあくまで補助椅子なので、とりあえずはこれで完結し。
マイホーム実現の際に、残りの2脚を選ぶ楽しみを取っておこうかと。

やっぱりNO.1に好きで。この曲線美と後姿、どれだけ見ても飽きないのです。
だからこそ2脚揃う姿を眺めて見たかった。

縁あって同じチェリーのヴィンテージをお迎えする事ができました。

d0245268_23232079.jpg

微妙に色が違って見えますが同じ張地です。

本当は淡い色が好みで。この機会に張り替えを検討していたのですが
子供に汚されムキーッ!となるのが目に見えている..^^;

もう少し子育てが落ち着くまでお預けになりそうです。

d0245268_23262697.jpg

2歳になり購入したトリップトラップ。

以前と比べ、息子の食事の集中度が劇的に変わりました。
そして実家のミニパイプ椅子に絶対座らなくなってしまった..^^;





食事中はトリップトラップじゃなきゃ嫌らしい 笑。

d0245268_2338196.jpg

やっと椅子が揃い、改めてスタートラインに立てた気がします。

大したセンスもないのにインテリア記事なんかを書かせてもらう事に
正直申し訳なく思う事もあるのですが。
ブログを始めてから、アドバイスを頂いたり客観視できるようになった事で。
少しずついい方向に歩めている事が嬉しく、とても感謝しています。

素敵な住まいづくり、頑張ります。



いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_13595424.jpg

30代に入ってから。
マイホーム購入ラッシュがきつつあります。

そんな中、友人達からインテリアや収納の事で相談を頂く機会が増え。

こんな私でいいのかと、いつも恐縮してます。。

d0245268_149349.jpg

ある友人からは「自分なりの、物選びの方程式を教えて欲しい」と。

そう言われてみれば「物選びの基準。」

深く考えてみた事がなかったなぁ。

改めて、思考整理をしていくうちに。自身の傾向が見えてきた気がします。

d0245268_14134370.jpg

・目標となるモデルを見つける。

まずは「自分の好みを知る事」が1番大事な気がしていて。

思えば、インテリアの好みや、物選びにブレがなくなりつつあるのも。

「コレだ!」と思える憧れのSHOPや、理想のブログに出会えてたお陰。

以降、何かを選ぶ時には必ず。

「あのお店やあの御宅に似合うか」を考え。

不思議と、テイストが合わない物は選ばないようになりました。

d0245268_14365755.jpg

・とびきりのお気に入りを迎える。

私にとってはルイスポールセンの照明。
これがスタートでした。





「これなら一生飽きる事なく、何があっても手放さない」と思えるもの。

結婚当初「新生活と共に家具を全て揃えるべき」と、慎重に選んだとはいえ。
今程吟味せず選んだ家具たち。

d0245268_14401858.jpg

あの時に、目標モデルに出会えてたら。
どれだけ家具選びも変わってただろう。

一気に揃えなくとも、まずは1つとびきりお気に入りを。

そうする事で、「良さを邪魔しないか」と考えるようになり。

お気に入りが1つあるだけで。

後の物選びも足並みを揃えていくような気がするのです。

d0245268_14414559.jpg

・ 一目惚れよりも、調和を重視する。

この考えを元に選んだのが、ダイニングチェアとキリムのクッション。

実は元々はウェグナーのダイニングチェアが1番好みでした。





けれど、今後目指したい方向性と。
既存の家具との調和を考えるうちに、J.L.MOLLERに傾き。

「どれ1つも浮かない、調和のとれたインテリア」が好みなんだと気付く事に。

d0245268_145007.jpg

優柔不断で「あれもいいな~」と正直ブレる時もありまして><

それでも、自分なりに考えながら。
無駄のない、丁寧な物選びを心がけ。

軸を作っていけたらと思っています。




更新のない間も沢山の応援、ありがとうございましたm(_)m
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_1550825.jpg

念願のポスターを飾りました。

リビングダイニングに飾るなら。

もう1枚、椅子のポスターがいいなぁと。

d0245268_1557259.jpg

フィン・ユール ドローイングポスター。

1955年にデザインされた、貴重な椅子のオリジナルドローイング。

このシリーズのどれかが欲しいな~と検討していたものの。実際に見る機会がなく。

ディスプレイされている様子を見ずには、中々決断できなかったのです。

それが、とある雑誌の。
憧れSHOPさんページで発見!

やっぱりコレだと、お迎えする事に。

d0245268_1651085.jpg

飾るなら、ココと。

ダイニングの一角を空けていたのです。

もう1枚とのバランスを考え。
同じデザイナーにして、正解だったかな。

まさに思い描いていた、理想のデザイン。

d0245268_16133241.jpg

悩んだのがフレーム。

チーク調かブラック。安価で、縁幅が狭く。
フレーム自体主張しない物が希望。

チークは理想に出会えず。
もう1枚と同じフレームのサイズ違いに。


↓こちら。



B2サイズ色々。
  


d0245268_16175970.jpg

本当はチークが希望だったけれど。

結果的にスッキリまとまったので、良かった気がします。

チークと、チェリーをメインに。
ブラックで引き締めるダイニング。

d0245268_16212471.jpg

築16年の、狭い賃貸マンション。

引越し当初は、ガラ~ンとしていて。
少しずつお気に入りを揃え、だいぶマシにはなったかなぁ。。

基本は引き算のインテリアが好きなので。

過度に飾りすぎず、素敵空間を作っていけたらな~と思います^^




いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_14231415.jpg

念願の子供椅子をお迎えしました。

活発に動くようになってから、大人椅子+クッションで対応していて。

座り心地が悪いのか。
まーきちんと座って食事をせず。。

「座りなさい!」と度々言う事にも疲れ。。

食事教育としても、これではイカン!と。
正しい姿勢で座れる椅子を購入する事に。

d0245268_14291921.jpg

・既存のダイニングチェアと馴染む事。
・座り心地まで計算されている事。
・成長に応じ高さを変え、長く使える事。

これらを条件に掲げ、絞ったのは2つ。


トリップトラップ。


ニューバンビーニ。


d0245268_14394642.jpg
(画像お借りしています)
北欧のデザイナーNanna Ditzelの子供椅子


これデザイン、ドンピシャ。

けど使用期間が限られる割に、いいお値段でして..^^;


d0245268_14451147.jpg

TRIPP TRAPP チェリー。

ニューバンビーニと両方座らせ、息子の気に入り度でコチラに。

かなり悩んだカラー選び。。

テーブルのダークブラウンに合わすべきか。
椅子のチェリーやチーク材と合わすべきか。

d0245268_1035114.jpg

将来的に、テーブルも椅子と統一する予定。

より北欧らしくまとまるかなぁと、チェリーに決定。

ちなみに最終候補は、ナチュラル・ウォールナット・チェリーでした。

d0245268_1561224.jpg

シンプルで無駄のないデザイン。

後姿も、横顔もスキ。

ビーチ材・ラッカー塗装なので。こぼしてもサッと拭けて◎。

d0245268_15151290.jpg

高さ調節が、細かく設定されていて。

将来、学習机用の椅子として使える事も大きな決め手でした。

d0245268_15182434.jpg

そして驚くことに。

足がつき、座り心地がいいのか。ちゃんと座ってくれるようになりました~!!!

感動(T T)。。。

立ち歩く事もほぼなくなり「座りなさい」と言う回数も激減。

自分専用ってのが嬉しいのか。食事以外でも喜んで座ったり^^

家具選びは慎重になり、時間がかかる分。
お迎えした時の喜びが何倍にも。

息子の成長と共に、椅子としての深みを増していくのも楽しみです^^




いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村