タグ:リビング ( 36 ) タグの人気記事

d0245268_12594557.jpg

築40年の社宅リフォーム。
今回は施工前と後の様子をご紹介したいと思います。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


元々の間取りは3DKのオール和室。
壁や床がいかにも昭和臭漂うキッチンと。
「D(ining)」と表記するにはあまりにも狭すぎるダイニング。
+6畳の和室3部屋。

かろうじて洋式のトイレに、カチっと点火する懐かしいシステムのお風呂。

■Before■
d0245268_13412060.jpg

間取りとしてリビングがないので
ダイニング隣の和室をフローリング&リビング化する事が最初の課題。
加えてもう1室をフローリングに変え、寝室に。

畳だけは新調してくれるとの事で
最後の1室はリフォームせず、暫定的に子供部屋にしました。

写真では少しわかりづらいのですが、
壁紙は所々剥がれかけ、黒ずみボロボロ。
天井部分とダイニングをのそき、張り替えることにしました。

■Before■
d0245268_1420269.jpg

ダイニングから見たリビングと、逆サイドからの写真。
↑既存のダイニングフロアを剥がした施工前の状態。

床は予算の都合上フローリングを諦め
クッションフロアを敷いてもらうことにしました。

■After■
d0245268_14175851.jpg

壁紙を新たに白く、床も明るい木目調に。

大幅なリフォームは不可能なので
木枠や長押だったり、和の要素を完全に払拭できないのが残念ですが
ひとまずリビングとして仕上がりました。

観葉植物や雑貨をまだ飾れていなくて
旧居よりも殺風景なリビングですが
インテリアに関しては追々整えていきたいと思います。

■After■
d0245268_16281369.jpg

ダイニングの床はタイル調黒のシートを貼り
明るい色合いのリビングよりも落ち着いた雰囲気に仕上げました。

それなりに物を厳選し暮らしてきたつもりなのですが、引越し荷造りの度に
「モノが多い!」と猛反省するので
今後はもっと減らしていかねば。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


私たちの予算+センスの範囲だとこれが賃貸リフォームの限界...汗。
でもでも現実を目の当たりにし、悲壮感しかなかった1ヶ月前を思えば大満足。

ご縁があって出会えたリフォーム業者さん。
制限が多い中本当に頑張って下さいました。ありがとうございました!

愛情を注ぎながら整え、これから約3年間
このお家にお世話になります。



前回の記事に本当に沢山の応援ありがとうございましたm(_)m

にほんブログ村
d0245268_16431354.jpg

住み慣れた関西をはなれ
新たな暮らしをスタートしました。

現在の住まいは築40年の社宅。
ここに暮らすことが決まり、初めて見学に来た時は正直絶句する程の荒れようでした。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


特に畳や床、壁紙がひどくて
アトピー体質の子供達が健全に暮らせるとは思えない状態だったため
会社から許可を得て自分達でリフォームすることにしました。

d0245268_16445981.jpg

畳をフローリングに変えたリビング。

リフォームについては追々詳しく書きますが
引越しまでの猶予が3週間という中
低予算かつ限られた工期という案件を快諾して下さるところは少なく
実に50社近く電話で問い合わせ、
やっと出会えたリフォーム業者さん。

打ち合わせを重ねながら、引越し日までに何とか仕上げて頂きました。

言うまでもなく、今回の引越しで一番力を注いだのがリフォームで
インテリアを愉しみたいという気持ちは勿論前提にありましたが
まずは「気持ちよく暮らせる家」に整えることが最優先でした。

d0245268_16552981.jpg

不便や不満がある中でも
古いものには古いなりの良さがあり
今の住まいから又1つ学べれば嬉しいです。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


お気に入りの椅子たちが佇む姿に励まされることが度々あって。
どんな空間でも魅力を欠くことなく表現してくれる素敵な北欧の椅子たち。

before→afterも含め、今後少しずつ各部屋をご紹介できればと思います。

+ + + + + +

今回の転勤は「運転に慣れるいい機会」と
ついにセカンドカーを購入し意識的に毎日運転するようにしています。
相変わらず夫に「下手くそ~」と怒られますが(´-ω-`)

新生活、楽しみます!!




更新のない間も沢山の応援ありがとうございましたm(_)m

にほんブログ村
d0245268_1345448.jpg

日中は基本的にフル稼働していますが
お昼寝中と夜子供たちが深い眠りについた後だけ、ゆったりソファで寛げます。

サイドテーブルにコーヒーと甘いお菓子。
お気に入りのブランケットに包まれながら本を読む。


我が家はグレー。



そんな癒しのソファーサイド。
すぐ手に取れるよう、よく読む本や雑誌をスタンバイしてあります。

d0245268_13251677.jpg

デンマークからの入荷を心待ちにしていた
ORSKOV Wastepaper Basket。





フィン・ユールが愛用していたことでもよく知られているダストボックス。
曲線が美しいデザインに強く惹かれるらしく、まさに一目惚れでした。

女性建築家の方がデザインされたそうなのですが、あまりにカッコイイ佇まいなので
てっきり男性がデザインされたのだと勘違いしてしまったほど。

スチール製のマットな黒がたまらなく好きです...(/ω\)

d0245268_13554270.jpg

籐の取手。

職人による手作業で製造されているので
プロダクトとはまた違った表情が随所で感じられ、そんなところも魅力の1つです。

d0245268_1482864.jpg

黒が加わったことで、空間がキリっと引き締まった気がします。

元々大好きな色ではあるのですが
近頃特に黒をセレクトする機会が多いような。

経年変化を楽しみながら大切に愛用したいと思います。


+ + + + + + + +

d0245268_14254056.jpg

幼稚園の終業式。
この1年間、担任の先生が本当によくして下さったので感謝の気持ちで一杯です。

親も子も仲良しの3人組。
充実しすぎて1年があっという間に過ぎたように思います。

いよいよ4月からは年中組。
また大きく成長してくれるのが今から楽しみです。




更新のない間も沢山の応援ありがとうございましたm(_)m
しばらく高熱で寝込んでおりました。。
書きたいことがたまっているので又頑張って更新します!

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_2273166.jpg

音楽が好きです。

台所に立つ母の傍らではいつもラジオが流れていて。
季節を感じる音が子供心に心地よく。
ずっと音にふれていたせいか、小学生くらいから洋楽にどっぷりはまりました。


 


ゆったり寛ぎながら音を楽しみたくて
押入れで長らく眠っていたコンポを引っ張り出してきました。

d0245268_2345016.jpg

主人が高校生の頃に購入したもの。
デザインは古いけれど未だ現役です。

スピーカーをTVサイドに。家電特有の存在感がやや気になるところですが
子供たちも曲をかけると喜ぶので、結果的には出して良かったです。

d0245268_23175783.jpg

デッキ部分はソファーサイドの死角に設置し
カゴを上に置いてカモフラージュ。
1番の懸念事項だった配線類もここなら悪目立ちしません。

10年以上前にセレクトしたものが
今のインテリアにもそれなりに馴染んだことに驚きました。

家電好きな主人。本当はもっと積極的に取り入れたいらしいのだけど
今までやんわり私に阻止されてきたので、今回の件は彼が1番喜んでいます。


憧れ家電。



d0245268_2336981.jpg

午前中の貴重な1人時間。
本を片手に座る時はnorah jonesがお決まり。





次男は本当にぐっすり寝てくれるので、今後はこの時間を使って
めっきり遠のいている映画鑑賞でもしようかと目論んでいます。

d0245268_093045.jpg

インテリア的には以前の方が好みなのですが
しばらくは継続してみよう。

年末くらいからこんな感じでちょこちょこと部屋をいじっているので
少しずつご紹介できればと思います。




いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_1343672.jpg

kidsスペースにartekのテーブル。

成長に伴って遊びの幅が広がり、必要性を感じるようになった子供用机。
家具が大好きなので、息子にもいいものに触れさせてあげたい。

たくさんの傷跡も深みとなり。
家族と共にあゆめる一生物のテーブルを。

そんな思いで選びました。

d0245268_15251558.jpg

artek90cテーブル・ナチュラル。

Aaltoの生み出すデザイン、何て美しい曲線なんだろう。
バーチのなめらかな木目と、丁寧に仕上げられた天板。
あまりに触り心地がいいのでついスリスリしてしまうほど。

d0245268_15263897.jpg

どれにしようか数ヶ月頭を悩ませていた中
ACTUSのびっくりセール品に出会い。

天板サイズは◎なのだけど、子供専用でないので高さが合わない...。

どうしても結論が出ず、いつもお世話になっている家具屋の店主さんに相談したところ
「脚を切ったらどう?」とアドバイスをもらいました。以前納品実例があったそうで。

まさかそんな発想も勇気もなかった私。
背中を押され、以来artek以外目に入らなくなりました。

d0245268_14202032.jpg

シーンに応じてリビングでも使えるよう44cmの高さに。

日中は息子の遊び用として。
LUNCHの時だけリビングに移動してここで食べたりします。
手軽に持ち運べる軽さです♪

d0245268_15332777.jpg

44cmだと椅子が必要な高さなのですが
まだ届いていないので、なんだか画的にバランスが悪いかなー。

机の重みで畳の凹みなどを心配していましたが、今のところ全く問題なく。

悩みすぎてる和室の照明候補もだいぶ絞れてはきたので、ライトがつけば
まとまりが出るだろうと期待してマス。

d0245268_15392926.jpg

色んな場所で、色んなシーンで沢山使えることが何より嬉しい。

家具というのはデザインを楽しみつつ、使ってこそ輝きを増す道具なのだと
尊敬する店主さんから教えてもらいました。


こちらも大活躍。



入園祝いの意味も込めて。
息子に初めて贈るテーブル、本当にこちらを選んで良かったです。

椅子が届いたら又是非ご紹介しますね。




更新のない間も沢山の応援ありがとうございました。m(_)m
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_11284046.jpg

部屋づくりをする上で常に「大人も子供も快適な空間を」と考えています。

好みが定まりつつある今、リビングは今後そう大きな変化はないはず。
kids roomに関しては「子供の成長と共に歩む」部屋づくりを目指しています。

d0245268_11384770.jpg

飾る事が苦手で、当初は何も置かずガランとしていた和室。
息子の遊びやすさを第1に優先した事で、大人の私も見て楽しめる空間に変化しました。





産まれたばかりの頃はおっぱいとねんね。
次第にハイハイやつたい歩きを始め。
車や電車遊びが楽しくなり、ジャングルジムに追いかけっこ。

2歳半ぐらいからごっこ遊びも始まり、3歳を過ぎ遊び方がかなり成長しました。

d0245268_11485549.jpg

お絵かきやはさみでチョキチョキが好き。
絵本も随分読むようになりました。

デスクワークが増え、ひたすら動きまわっていた2歳代に比べ集中して座るように。

d0245268_11565567.jpg

もちろん車遊びが今でも大好き^^
最近はそこに付属の隊員さん人形をからめて遊ぶようになりました。

並べたり座らせたり、はしごを登らせたり。

d0245268_1201869.jpg

電車や車をコロコロ走らせていただけの時代は、リビングにテーブルがなくても
ソファ・TV台、床でも成立していました。


いよいよ再販!



近頃、ソファの上で上手く人形が並ばず倒れたりしてはイライラしている姿を見て。
お絵かき時の姿勢も気にはなっていたし、子供用テーブルの必要性を感じるように。

d0245268_12215188.jpg

ダイニングテーブルでも可能だけれど
3歳児にとってわざわざ高い椅子に上ってというのはまだハードルが高いようで。

度々大量の車や人形を片付けるのも正直大変ですし..^^;

ならば和室キッズスペースにテーブルを!と計画し始めたのが数ヶ月前。
案の定物選びにかなり難航してました..笑。

d0245268_12265243.jpg

おもちゃBOX前のスペースに置く予定。

当初は子供専用の机をとも考えたのですが
引越しの際に色々と物を処分し、特に家具を手放す事にエネルギーを要したので
時期が限られるのではなく、将来的に長く使える汎用性の高い物でしぼりました。

しかも実物を見ないと決められないので難しかった><


他最終候補だったもの。
 


ついに決定~♪
4月上旬頃には到着予定なので、又ご紹介しますね。

少しずつ変化する子供部屋。
息子が楽しく遊べ、心地よいインテリアが実現できたらと思います^^





いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_1654751.jpg

Artek Stool60。

究極にシンプルでありながら、抜群の存在感と美しさ。絶妙な脚のカーブと安定感。
Artekでなきゃいけない理由。手にして改めて実感できた気がします。





1番欲しかったリノリウム別注モデルが発売されると知ってから。
サイドテーブルとしてお迎えしようと心に決めていました。

d0245268_16172291.jpg

18色もの素敵なカラー。
そんな中選んだのは、グレー系ホワイトのマッシュルーム。

実は元々Stool60のホワイトを検討していて。ラミネート独特のツヤ感だけがどうしても気になり。
リノリウムのホワイト系があればな~と思っていたのです。





そんな時に知った別注モデルの発売。

当初はホワイト系と決めていたけれど、あまりに素敵なカラーでかなり悩み..
ブルーやグリーン系もいいかなぁとか。

最終はやっぱり基本色が好きらしく、グレー系3色の中から選びました。

d0245268_16331767.jpg

限りなくホワイトに近いグレーな感じ。
イメージ通りで、ものすごーく好み!やっぱりこれにして良かった♪

マットな質感のリノリウム好きだな~☆

d0245268_16435515.jpg

昼間は自然光でほぼ白に見えますが、近くで見るとちゃんとグレーも感じられます。

夜に白熱電球の灯りの中で見ると、もっと落ち着いた色合いに。
場所や時間、角度によって見え方に変化があるトコロも魅力的^^


d0245268_173207.jpg

スツールとして見ていた頃は、実はあまりピンときていなかったArtek。

それがサイドテーブルとして見た時に初めて「コレかも」と思い。
家具をあまり増やしたくない転勤族にとって「小回りがきく」というのが1番有難い。

あ!フォークの向きが..イタズラされている><

キッチンや洗面所に玄関。
軽くてどんな場所でも使える万能なStoolはとっても重宝しそうです。


長期連休予定ギッシリの中、束の間の休息^^
みなさまも素敵な休日をお過ごし下さい♪





更新のない間も沢山の応援ありがとうございましたm(_)m
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_15445659.jpg

大好きなカラーといえば。
迷わずコレだと思う、ブルーとグレー。

白・黒・茶色も好きですが、近頃何かと目にとまるのはこの2色が多い気が。

だからブルーグレーなんて色はたまらなく好きです^^

モノトーンな家具が多いので、ファブリックで色遊びをと心がけ。
気分によって、クッションカバーを変えたりして楽しんでいます。

d0245268_15555316.jpg

シックにいきたい時は、鮮やかなブルーのクッションを外してみたり。
それだけで雰囲気がガラっと変わるから不思議~☆

クーラーの風が苦手なので、夏でもコットンブランケットをスタンバイ。

これにくるまってのソファでコーヒータイムが最高に幸せ♪

d0245268_1559253.jpg

お気に入りのブランケット。
シンプルでナチュラルだけど、どこかモダンな感じもするところがスキ。


コットン色々。
 


北国スウェーデンのコットンブランケットなので、厚手の作り。
かといってウール程ではないので、夏も冬もオールシーズン使えそうです。

d0245268_1611899.jpg

d0245268_1627190.jpg

鮮やかなブルーのクッションがあった方がいいか。
ない方がいいのか..全体のバランスはどうなんだろう~と悩み中です。


ソファまわりはブルーとグレーが気分。

インテリアに関してノータッチの旦那から、珍しく依頼が。
「サイドテーブルを買ってくれ~」と。

模様替えに伴いリビングテーブルを撤去。
コーヒーを飲み寛ぐ事が多いので、不便に思いつつだましだまし過ごしてきました。
さすがに床に直置きは..(=▽=)と指摘があり 笑。

発売を心待ちにしていたartekを、サイドテーブルとしてお迎えの予定です。
しかしどの色にしようかかなり悩んでおり、未だ決断できず。。






又お迎えしたら記事にしたいと思います。




いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_23142342.jpg

我が家にとって中心的存在のダイニング。

毎日家族で食事を頂く大切な場所であり。
ゲストを招いた時の、おもてなしの場。

ここを中心とした空間をつくりたいとの思いで、少しずつ揃えていた椅子たち。
木の美しさが存分に楽しめる北欧の家具が大好きです。特に惹かれるのがデンマーク^^

先日やっと4脚目を追加しました。

d0245268_2315575.jpg

迷いに迷い、結局J.L.Moller 78で統一する事にしました。

他にもHans.J.Wegnerを始めとした気になる椅子がいくつかあり。
4脚バラバラにするか、2×2で揃えるべきか方向性を悩んでいたのです。






いずれ子供椅子は食卓を卒業する日がやってくるのだし。
スツールはあくまで補助椅子なので、とりあえずはこれで完結し。
マイホーム実現の際に、残りの2脚を選ぶ楽しみを取っておこうかと。

やっぱりNO.1に好きで。この曲線美と後姿、どれだけ見ても飽きないのです。
だからこそ2脚揃う姿を眺めて見たかった。

縁あって同じチェリーのヴィンテージをお迎えする事ができました。

d0245268_23232079.jpg

微妙に色が違って見えますが同じ張地です。

本当は淡い色が好みで。この機会に張り替えを検討していたのですが
子供に汚されムキーッ!となるのが目に見えている..^^;

もう少し子育てが落ち着くまでお預けになりそうです。

d0245268_23262697.jpg

2歳になり購入したトリップトラップ。

以前と比べ、息子の食事の集中度が劇的に変わりました。
そして実家のミニパイプ椅子に絶対座らなくなってしまった..^^;





食事中はトリップトラップじゃなきゃ嫌らしい 笑。

d0245268_2338196.jpg

やっと椅子が揃い、改めてスタートラインに立てた気がします。

大したセンスもないのにインテリア記事なんかを書かせてもらう事に
正直申し訳なく思う事もあるのですが。
ブログを始めてから、アドバイスを頂いたり客観視できるようになった事で。
少しずついい方向に歩めている事が嬉しく、とても感謝しています。

素敵な住まいづくり、頑張ります。



いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
d0245268_14503396.jpg

クッションカバーをチェンジしました。

ソファ周りの変化と共に、1つ追加。
気分を変えたくて、カバーを2つ新調♪


ステキ。



d0245268_14562585.jpg

写真が暗くてすみません..><

キリムとのバランスを考え無地を。

以前のIDEEシリーズ。(→過去記事

すごく気に入っていたので、今回もIDEEでと考えたんですが。
少し光沢感のあるもので紺×グレーの組合せが良くて。

d0245268_1511567.jpg

ACTUSで選びました。

紺は暗くも明るくもなく、好みな色味^^

グレーはアクタスのオリジナルファブリックブランド「FABRICIA」のもの。
このシリーズ、モダンで洗練されていて。すごーく好きな雰囲気です。

d0245268_1584960.jpg

(画像お借りしています)

イエロー・ブルーの色使いが素敵。
カーテンやベッドスプレッドなどもオーダーできるそうです。

d0245268_15183138.jpg

クッションはボリュームがあって、ホテルの客室にありそうなのが理想。

やっと見つけた中材。



45cmのカバーに48cmを入れ、コロンとした形になるように。
使って2週間程になりますが、それ程くたらず。もたれ心地もいい感じです。


+ + + + + + + +

d0245268_1524046.jpg

今週のお花。

名前を聞くの忘れてしまいましたが、紫陽花の一種と丸い形の子。

最近久々にドラマにはまってます。
「ラストシンデレラ」 笑。

来週で終わっちゃう~><

以前から美男子だな~とは思ってたけど、三浦春馬くんが美しすぎます~!!

「かっこいい」という感覚よりも。芸術作品を見てるような感じで。
人も物も美しい姿を見るのが大好きです。

藤木さんも篠原さんも、
歳を重ねてより魅力的になられましたよね~^^




いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村